海辺の漂本箱 八重山諸島の漂着物 HOME
海辺の漂本箱
八重山諸島の漂着物
ガラス玉の漂着物 動物の漂着物 植物の漂着物 貝の漂着物 豆の漂着物
人工物の漂着物 さんご付の漂着物 手紙の漂着 危険な漂着物 漂着物を利用
植物の漂着物
タイヘイヨウクルミ
シャカトウ
ニッパヤシ
ヤシの実
サキシマスオウ
ミフクラギ
ホウガンヒルギ
名前不明の実
ゴバンノアシ
マンゴスチン
ソテツ
珪化木
パンギノキ
Aleurites sp
シナアブラギリ
クキイノキ
ヒカゲヘゴ
アダン
白樺浮子
ヤシに似た実
オオミフクラギ
フタゴヤシ
植物の漂着物
動くことの出来ない植物は、子孫を残すため、種子の散布には色々な工夫をしています。風や昆虫、鳥などを利用したり、触るとはじける仕組みになっていたりします。その中で海辺で見つける植物は海流を利用して種子を散布するものが数多くあります。 海流散布をするためには長い時間海に浮くことができ、漂着先で発芽しなければなりません。そのため、コルク質や繊維質にして軽くしたり、表面を硬い木質にして内部に隙間を作って浮くようにしているようです。ここで紹介した中でも、ヤシの実やニッパヤシなどは、漂着した後、芽を出してそこに根付いたのを見たことがあります。 
石垣島観光WEBサイト 石垣島海辺COM 石垣島の昆虫日記 虫好き親子の昆虫採集記録 海辺の漂本箱 八重山諸島の漂着物
Copyright (C) 2002 Ishigakijimaumibecom All rights reserved