海辺の漂本箱 八重山諸島の漂着物 HOME
海辺の漂本箱
八重山諸島の漂着物
ガラス玉の漂着物 動物の漂着物 植物の漂着物 貝の漂着物 豆の漂着物
人工物の漂着物 さんご付の漂着物 手紙の漂着 危険な漂着物 漂着物を利用
植物の漂着物
オオミフクラギ
2004年10月3日、石垣島の平久保の浜で見つけたキョウチクトウ科のオオミフクラギです。 漂着植物でも紹介しているミフクラギ(オキナワキョウチクトウ)は、八重山では多く自生しているため、海岸で種子もよく見かけますが、オオミフクラギの漂着はとても稀です。 大きさは直径9cm程で、ほぼ球形をしています。 漂着物のバイブルでもある中西弘樹氏の「漂着物学入門」でその存在を知ってからずっと見つけたい物の1つでした。 この数年で、私が見つけたものと、随分前に友人が見つけたもの以外は漂着を確認していません。それほど、稀です。
≪ 前の漂着物 植物の漂着物一覧 次の漂着物 ≫
石垣島観光WEBサイト 石垣島海辺COM 石垣島の昆虫日記 虫好き親子の昆虫採集記録 海辺の漂本箱 八重山諸島の漂着物
Copyright (C) 2002 Ishigakijimaumibecom All rights reserved