海辺の漂本箱 八重山諸島の漂着物 HOME
海辺の漂本箱
八重山諸島の漂着物
ガラス玉の漂着物 動物の漂着物 植物の漂着物 貝の漂着物 豆の漂着物
人工物の漂着物 さんご付の漂着物 手紙の漂着 危険な漂着物 漂着物を利用
動物の漂着物
ウニの子
去年の秋に野底の海岸に多量のウニが漂着していました。全部1cm未満の子ウニです。種類はなんだかわかりません。子供が食べるお菓子にこんなのがありましたね。その場で拾ったやしの実の小皿も味わいがあります。 八重山の海ではたくさんの種類のウニが生息していますが、食べれるウニは極僅かです。 刺の先端に毒を持つ大型のウニ「ガンガゼ」も多いですが、昔これを採って刺を落とし、中身をウニ丼にしました。量も多く味も美味でしたが、さすがに毒刺を食べないか心配になり、それ以来食べていません。
≪ 前の漂着物 動物の漂着物一覧 次の漂着物 ≫
石垣島観光WEBサイト 石垣島海辺COM 石垣島の昆虫日記 虫好き親子の昆虫採集記録 海辺の漂本箱 八重山諸島の漂着物
Copyright (C) 2002 Ishigakijimaumibecom All rights reserved