石垣島の御食事処リンク集
石垣島海辺COM ホームへ
石垣島
沖縄・宮古島リンク集
泊まる
石垣島・八重山の宿泊
・石垣島のリゾートホテル
・石垣島のシティホテル
・石垣島のペンション
・石垣島の民宿
・西表島の宿泊施設
・離島の宿泊施設
動く
石垣島・八重山の交通
・石垣島発の船、飛行機
石垣島のレンタカー
・石垣島のバス、タクシー
・離島の交通機関
食べる・飲む
石垣島・八重山での食事
・石垣島の御食事処
・石垣島の居酒屋
・石垣島のナイトスポット
・離島での御食事処
観る・遊ぶ
石垣島・八重山の観光
・石垣島の観光情報
・石垣島の観光施設
・石垣島のダイビング
・石垣島のエコツアー
・石垣島の釣り
・西表島のダイビング
・西表島のエコツアー
・離島のレジャー
買う
石垣島・八重山のお土産
・石垣島のお土産
・離島のお土産
暮らす
石垣島、八重山の移住生活
・石垣島の不動産
・石垣島の病院
・石垣島の学校、施設
・石垣島のお店、会社
・石垣島のブログ
・離島の生活情報
海辺のリンク集
漂着物と自然遊び情報
・全国の漂着物
・全国の自然、遊び情報
沖縄リンク集
・沖縄の観光情報
・沖縄の観光施設
・沖縄のレンタカー
・沖縄のダイビング
・沖縄のエコツアー
・沖縄の釣り
・沖縄のグルメ
・沖縄のナイトスポット
・沖縄のお土産
・沖縄の不動産
・沖縄のホテルをお探しなら【ホテルなび沖縄
宮古島リンク集
・宮古島の観光情報
・宮古島の観光施設
・宮古島のレンタカー
・宮古島のダイビング
・宮古島のエコツアー
・宮古島の釣り
・宮古島のグルメ
・宮古島のナイトスポット
・宮古島のお土産
・宮古島の不動産
石垣島の御食事処 リンク集

森の賢者
新鮮な島素材を存分に使い、手間暇を惜しまず心と体に優しい料理が自慢のお店。料理にあったお酒も品揃え豊富です。
坦々亭
見晴らしの良い高台に建つ、創業36年の料理店です。特選「石垣牛ステーキ」の美味しさをお楽しみください。
エスニックレストランKAPI 
KAPIは、日本の南の端っこにあるアジアの入口の街、沖縄石垣島からエスニック料理の美味しさと楽しさを全国の皆様にお届けします
ヴィーノエヴァン
ヴィーノエバンは八重山の食材を使ったイタリア料理とワインが楽しめるお店です。店長は有名なソムリエです。
ポーザーおばさんの食卓
ポーザとは・・・八重山の方言で料理人や厨房を仕切る人のことを言います。ヤマバレ牧場の牛を、ポーザおばさん達がもてなしの心で、郷土料理・八重山の家庭料理にして皆様をお待ちしています。
PUFU PUFU 
七色に輝く水平線を眺めながらゆったりコーヒーを味わったり、ブランチが楽しめる「PUFUPUFU]。気持ちいいオープンテラスでさわやかな時間をお過ごしください。
石垣屋
石垣伝統の琉球瓦と300年生の吉野杉をふんだんに使った建物はゆったりと落ち着いた雰囲気。いろりを囲んで最高級の石垣牛を心いくまで堪能してください。
Beach
タコス、タコライス、ナシゴレンなどおいしいメニューがいっぱい!
ル トロピック 
石垣島。世界有数のサンゴ礁と、深い緑と、目も眩むような太陽。そのエネルギーがぎゅっとつまった素晴らしい果実=トロピカルフルーツをふんだんに使ったメニューを提供するカフェがオープン
肉の八重福
八重山の豊かな自然と温暖な気候のもと、高品質の石垣牛を生産しています。毎週木曜日はレディースデイ。
シュリンパー

大自然豊かな八重山の海で獲れた海産物・海鮮料理をぜひご賞味ください。

郷土料理 磯
郷土料理「磯」は八重山の食文化をそのまま受け継ぎながら、独自の技法で調理します。八重山の人々が長い時間をかけて作り出した郷土料理。それら全てが長寿につながる健康料理なのです。
舟蔵の里
ゆったりと流れる時間の中、八重山の新鮮な海の幸、山の恵みをふんだんに使った郷土料理をご堪能下さい。
郷土料理 ゆうな 
落ち着いた座敷でくつろぎながら、少人数、ご家族、団体までお気軽にご利用頂けます。化学調味料を使用せず、八重山そばも手打ち麺を使っており、BEGIN・グッチ裕三が石垣島で一押しのお店です。
八重山膳符 こっかーら
石垣島の旧家の末裔が創る八重山膳符。宮良家に琉球王朝から代々伝わる「膳符日記」を再現すべく2002年にオープンしました。
あし彩 石垣島
八重山の唄と踊り、豊かな芸能の島に咲いた、優雅な舞いがお楽しみいただけます。沖縄郷土の味、心尽くしの山海の幸をご堪能ください。
炭火焼肉たけさん亭
石垣島や八重山各島に住んでいる方はもちろん、石垣島を初めて訪れる方まで、より多くの人々に新鮮でおいしい石垣牛、地元の食を気楽に楽しんでもらいたい・・・元気に繋がっていくようなお店でありたい。それが私たちの喜びにも繋がっていきます。
らーめん 憲助
石垣島初の味噌ら〜めん専門店です。
石垣島海辺COM
    Copyright (C)2002 Mitsuharu Kaneko All rights reserved.