石垣島の昆虫日記
HOME
石垣島の昆虫日記
石垣島のクワガタ・カブトムシ採集記 石垣島のカミキリ・コガネムシ採集記 石垣島のタマムシ・ゾウムシ採集記 石垣島のセミ・チョウ・ガ採集記 石垣島のトンボ・バッタ採集記
 2008年1月19日 サツマゴキブリ
 昆虫採集データ
名前
サツマゴキブリ
採集日
2008年1月19日
分類
ゴキブリ目 マダラゴキブリ科
大きさ
約40mm
採集場所
野底林道
採集方法
石の下にいたところを撮影
採集後の行方
採集 撮影
採集日記
石垣島の冬は、小雨混じりの日が長く続き、なかなか外で遊べません。そのためか、この昆虫採集日記も12月初めのヤエヤママルバネクワガタ依頼更新してませんでした。久々に晴れて温かく、そして会社も休み。子どもと近くの幼稚園で遊んでいると、てんとうむしとミミズを見つけました。そしたら、子どもが昆虫観察の楽しい記憶が蘇ったらしく「父ちゃん、山へ虫捕りに行こう」と言い出した。この時期、何がいるかわからないけど、久々の山、楽しそう。早速、用意をして野底林道へ。木に付いている可能性は少ないので、倒木や石を退かして、土の中にいる昆虫を探す。でも、目新しいものは、全然いない。私も子どもも標本に適している甲虫が好きなのだけど、それはほとんど皆無。観察できた昆虫は、バッタ、トンボ、ゴミムシ、アリ、白アリ、アカホシカメムシ、そしてかなり多く飛んでいたチョウ。唯一気になったのが写真のサツマゴキブリ。見た昆虫の中で一番大きかった。石の下の穴の中でいたので泥だらけ。子どももあまり昆虫がいないので、このゴキブリをお家に持って帰ろうと言い出し、はじめビンに入れたが、後でママがゴキブリが大嫌いのを思い出し逃がしました。その後は、野底マーペーの途中まで登ったり、林道の側溝の水溜りをのぞいたりしてました。おもしろかったのがカエルの卵。白いクリーム状の中に小さい黄色い卵がいっぱい。クリームの感触が棒で突付くと楽しいらしくこどもは、これに夢中でした。虫こそいなかったものの、久々の山での昆虫採集。とても、いいリフレッシュになりました。今年は春からいっぱい昆虫を捕まえて、このホームページを更新していきます。
なかなかいないなぁ〜 やっとおもいしろいものを見つけた
かえるの卵
前の昆虫 次の昆虫
石垣島のホテル・観光情報なら石垣島海辺COM
沖縄のホテルをお探しなら“ホテルなび沖縄”