石垣島の観光・ホテル・グルメ・土産・不動産・移住・遊び情報なら石垣島海辺COM

石垣島海辺COM
石垣島観光WEBサイト 石垣島海辺COM
宇宙を考える星空観察
 石垣島天文台 電波望遠鏡ベラ(VERA)
2006年に念願の石垣島天文台が開局しました。場所は市内、近くの前勢岳の頂上付です。、この望遠鏡は九州沖縄管内最大の直径105cmを誇ります。運営は国立天文台、石垣市、県立石垣少年自然の家、NPO八重山星の会が協同で行います。昼間でも金星が観察でき、夜は予約が必要ですが、天の川、木星など楽しい天体観測出来るようになります。前勢岳山頂に行く林道は、道幅も狭く、両側に排水溝もあるので、車の運転は注意してください。(当分の間、東側から西側へ一方通行になります。)*同じ2006年台風13号により、施設が壊れ、年内は閉館中です。

また、あまり知られていませんが、石垣島には電波望遠鏡ベラ(VERA)があります。場所は於茂登岳の麓、タケダ植物園の近くです。このベラは日本に4カ所あり(石垣島の他、鹿児島の入来、岩手の水沢、東京の小笠原)、その4カ所の電波望遠鏡を組み合わせて観測し、それにより直径2300kmの望遠鏡と同じ性能を発揮することができるそうです。ベラの目的は、銀河系の精密立体地図作りや内部構造を解明したりする計画だそうです。難しい話はよくわかりませんが、山の中のこの巨大パラボナを見て、宇宙に思いをはせたり、時々行われる国立天文台や石垣市主催の宇宙講演会などに参加するのは楽しいですね。
スポンサー リンク
天文台のある前勢岳 石垣島天文台
前勢岳の展望台から見る夜景 山の中の望遠鏡
電波望遠鏡ベラ(VERA)
スポンサー リンク
関連サイト
八重山星の会
八重山星の会は沖縄県八重山地域に住む天文愛好家の会です
石垣島天文台
石垣島天文台は、自然科学研究機構 国立天文台、沖縄県石垣市、石垣市教育委員会、NPO法人八重山星の会、沖縄県立石垣少年自然の家の五者の連携による新しいタイプの天文台です。
VERA 石垣局
VERAの4局目にあたる石垣島局は、石垣島の中央部にあたる名蔵地区にあります。
石垣島海辺COMの提供する情報・リンク先のサイトの情報の内容に関しては、主観的な評価および時間経過による情報変化、伝聞情報が含まれることから、その完全性・正確性・安全性を保障するものではありません。
パイナップル作戦でヒラタクワガタ
ライトトラップ作戦で虫を集める
夜の生き物観察ドライ
伝説の野底マーペーに登る
魔性の昆虫 
ヤエヤママルバネクワガタを探す
秋の味覚 モクズガニを食べる
子供と魚とり作戦
色々な化石を発掘する
浜辺でオウムガイを拾う
ラムサール条約のアンパルで
シオマネキを観察
沖縄県最高峰 於茂登岳に登る
秘境マヤグスクの滝でキャンプ
沖縄最高の落差を誇る
ピナイサーラの滝へ行く
海・山・川が楽しめる仲良川
ゴムカヌーを持ってサンガラの滝へ
1mのオオジャコを発掘
青い蟹のジュータン
大型ヤシガニの発見その行方は
石垣島で水晶を探す
南海の蟹鍋ノコギリガザミ
黄金のサナギを持つ蝶
島の犬 自由犬
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルート@
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルートA
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルートB
西表島縦走2
ユツン三段の滝・古見岳ルート
石垣島歴史の道を行く1
桴海於茂登岳を歩く
石垣島歴史の道を行く2
安良越地を歩く
石垣島歴史の道を行く3
吉原竹山を歩く
サビキ仕掛けでミジュンが大漁
これだけは知っておこう山の危険生物
冬の食卓は海藻料理
ビックサイズの木の実を見つける
自然のままの洞窟で
ケイビングを楽しむ伊野田洞
八重山らしい季節の花々
石垣島夏の風物詩
デカイ生物 小さい生物
海に流れ着いた物で作ってみる
八重山漁港のセリを見に行く
宇宙を考える星空観察
なんの足あと?
外国から来た生き物たち
南の島のへんてこ植物
何でだろう?奇妙な石
カヌーで憧れの無人島へ行く
石垣島観光WEBサイト 石垣島海辺COM 石垣島の昆虫日記 虫好き親子の昆虫採集記録 海辺の漂本箱 八重山諸島の漂着物
Copyright (C) 2002 Ishigakijimaumibecom All rights reserved