石垣島の観光・ホテル・グルメ・土産・不動産・移住・遊び情報なら石垣島海辺COM

石垣島海辺COM
石垣島観光WEBサイト 石垣島海辺COM
自然のままの洞窟でケイビングを楽しむ 伊野田洞
私にお家から徒歩3分のところに伊野田洞(イノダイーザー)があります。沖縄では島によって、洞穴の呼び名が違いますが、石垣島ではイザーあるいはイーザーといいます。「沖縄県洞穴実態調査報告V(沖縄県教育委員会)」によるとイノダイーザーは全長170m、洞幅平均4m、最大20m、天井の高さは平均2m、最高7mとあり、洞穴は2層になり下層には水流があると書かれています。また、「伊野田入植50周年記念誌」によると、洞穴の天井に開く1mぐらいの穴の下には動物の骨が転がっており、周辺にはハブが多いと書かれています。私が入ったときは、動物の骨もハブも見つけられませんでした。奥に行くときれいな鍾乳石も多く、大きなホールもあります。また、かなりの数のコウモリが生息しておりました。一番奥にはおおきな開口部があります。沖縄では洞穴は場所によって、信仰の大切なところや、あるいは水源地、貯蔵庫になっており、入ることができません。このイノダイーザーは地元の人に聞いても、特にそういうこともなく、入ってもいいそうです。観光化もされていないので、自然のままの洞窟です。お家から歩いてて3分のところで、お手軽ケイビングが楽しめました。
スポンサー リンク
伊野田洞入り口 手と頭にライト
高さ10m以上のホールもある 大きな鍾乳石もある
一番奥の開口部 洞窟から見た入り口
赤いベンケイガニ タカセ貝の貝殻
スポンサー リンク
関連サイト
家族でお出かけ鍾乳洞
鍾乳洞を訪れることをマイブーム≠ニする方が、日々増え続けることを鍾乳洞大好き人間≠ェ、ひそかに増え続けることを願って、このページを開設しました。
NTC洞窟探検隊
地底の神秘、ケイビング・スペレオロジーの魅力を完全紹介
沖縄県にある鍾乳洞や洞窟
沖縄県にある鍾乳洞のなかで最も大きいのは、沖縄本島玉城村にある玉泉洞(石垣島鍾乳洞の親会社が経営)」で、二番目に大きいのが石垣島鍾乳洞です
石垣島海辺COMの提供する情報・リンク先のサイトの情報の内容に関しては、主観的な評価および時間経過による情報変化、伝聞情報が含まれることから、その完全性・正確性・安全性を保障するものではありません。
パイナップル作戦でヒラタクワガタ
ライトトラップ作戦で虫を集める
夜の生き物観察ドライ
伝説の野底マーペーに登る
魔性の昆虫 
ヤエヤママルバネクワガタを探す
秋の味覚 モクズガニを食べる
子供と魚とり作戦
色々な化石を発掘する
浜辺でオウムガイを拾う
ラムサール条約のアンパルで
シオマネキを観察
沖縄県最高峰 於茂登岳に登る
秘境マヤグスクの滝でキャンプ
沖縄最高の落差を誇る
ピナイサーラの滝へ行く
海・山・川が楽しめる仲良川
ゴムカヌーを持ってサンガラの滝へ
1mのオオジャコを発掘
青い蟹のジュータン
大型ヤシガニの発見その行方は
石垣島で水晶を探す
南海の蟹鍋ノコギリガザミ
黄金のサナギを持つ蝶
島の犬 自由犬
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルート@
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルートA
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルートB
西表島縦走2
ユツン三段の滝・古見岳ルート
石垣島歴史の道を行く1
桴海於茂登岳を歩く
石垣島歴史の道を行く2
安良越地を歩く
石垣島歴史の道を行く3
吉原竹山を歩く
サビキ仕掛けでミジュンが大漁
これだけは知っておこう山の危険生物
冬の食卓は海藻料理
ビックサイズの木の実を見つける
自然のままの洞窟で
ケイビングを楽しむ伊野田洞
八重山らしい季節の花々
石垣島夏の風物詩
デカイ生物 小さい生物
海に流れ着いた物で作ってみる
八重山漁港のセリを見に行く
宇宙を考える星空観察
なんの足あと?
外国から来た生き物たち
南の島のへんてこ植物
何でだろう?奇妙な石
カヌーで憧れの無人島へ行く
石垣島観光WEBサイト 石垣島海辺COM 石垣島の昆虫日記 虫好き親子の昆虫採集記録 海辺の漂本箱 八重山諸島の漂着物
Copyright (C) 2002 Ishigakijimaumibecom All rights reserved