石垣島の観光・ホテル・グルメ・土産・不動産・移住・遊び情報なら石垣島海辺COM

石垣島海辺COM
石垣島観光WEBサイト 石垣島海辺COM
西表島縦走1 船浮・網取・鹿川ルート@
明治末期に廃村になった西表の南西に位置する鹿川の浜では月夜の晩になると、どこからともなく子供達が現れて海辺の岩をぴょーんぴょーんと飛び歩くのだという 、もちろん人間ではなく正体不明のもので「岩飛び少年」というらしい、そしてそれを見た人は幸せになれるのだという、こんな話しが安間繁樹さんの「西表島自然誌」(晶文社)に書かれてました。西表島の鹿川は私にとって憧れの地です。ここへ自力で行くには岩だらけの海岸を十何kmも途中海に浸かりながらひたすら歩くか、何個も山を越え、西表島を西から東に横断するしかありません。大学のワンゲルか、そうとう西表通の人が行くところです。鹿川は湾の真ん中にリーフがあり、背後は高い山に囲まれ、広いきれいな浜と水場の滝、魚もサンゴも多く自然好きな人が夢見る桃源郷の様なところです。船浮から鹿川へ向かうルートは、浜辺あり、岩場あり、海中、山中、マングローブ、渓流と西表の大自然を満喫することが出来ます。出発は船浮のイダの浜です。イダの浜までは船浮集落の裏からだれでもわかる小道を15分程歩けばで着きます。イダの浜からは海を右手に見ながら、この湾の奥にあるユナラ川河口を目指します。このルートで一番気をつけるのが潮の干満です。満ち潮時と引き潮時では歩くところが変わってきます。歩く日が大潮の場合、朝夕は満ち潮で潮位も高いため歩けない所もあります。昼間は引き潮ですので、どこでもスイスイ歩いていけます。小潮の場合、朝夕が干潮、昼間が満潮になりますが、干満の差があまりなく、潮位もさほど高くないためどの時間でも歩くことができます(潮位が120cmぐらいまで)。イダの浜を過ぎた所の岩場は山ルートがないので岩の上を歩きます。岩がすべるところは、迷わず海の中を歩きましょう。崖を越えると砂浜あり、また少し歩くと岩場地帯になります。この、砂浜、岩場の繰り返しを3.4回します。最初の崖以外は全て山ルートがあるため、そちらの方が歩き易いです。途中、波穏やかな美しい砂浜が何度も現れます。暑くなったらすぐに海水浴。このコースは歩くとすぐにきれいな浜辺や渓流が有り、泳いで体を冷やせるのも魅力的です。湾内にマングローブの木がポツポツ生えてるのが見えてきたらそろそろ対岸に渡ります。渡り始めのポイントは、平らな岩場を過ぎたあたりで、ユナラ川の河口まで行ってしまったら行き過ぎです。ユナラ川は雨の多い時期行くと、山の中腹あたりに小さな滝が見えます。
スポンサー リンク
今回のルート 船浮集落
イダの浜 ここからコースの始まり 名もなき美しい浜
海を渡る ユナラ川の滝
スポンサー リンク
関連サイト
西表島南部海岸踏破トレッキング
最近西表島南部海岸ルートに関する問い合せが多くなってきました。そんなリクエストにお答えして、ダイジェストではありますが、西表島南部海岸ルートの様子を写真を交えて紹介していきたいと思います。
憧れの「鹿川」を目指して
はじめに 西表島には道路がある所と無い所があり、ほとんど全ての観光客は当然だが道路沿いにある観光スポットを中心に西表の旅を楽しむ。それはそれでよいのであるが、ガイドブックなどで取り上げられることの少ない「西表島の道路のない場所」に興味が湧くようになってきた。ガイドブックに紹介されていないところにもっともっと素晴らしいポイントがあるのではないか。道なき道への冒険!!ワクワクしてくる。
西 表 島 崎山半島 編
これは、春(2月下旬から3月)にのべ44日間、西表島の西部、崎山半島方面を旅した時の記録を元に、ジャングル探検やリーフ歩きを楽しむためのガイドとして書いたものです。ちょっとマニアックな詳細過ぎる情報も盛り込んであるので分かりづらいとは思いますが、実際にここを訪れる際にはかなり役に立つものと自負しています。
石垣島海辺COMの提供する情報・リンク先のサイトの情報の内容に関しては、主観的な評価および時間経過による情報変化、伝聞情報が含まれることから、その完全性・正確性・安全性を保障するものではありません。
パイナップル作戦でヒラタクワガタ
ライトトラップ作戦で虫を集める
夜の生き物観察ドライ
伝説の野底マーペーに登る
魔性の昆虫 
ヤエヤママルバネクワガタを探す
秋の味覚 モクズガニを食べる
子供と魚とり作戦
色々な化石を発掘する
浜辺でオウムガイを拾う
ラムサール条約のアンパルで
シオマネキを観察
沖縄県最高峰 於茂登岳に登る
秘境マヤグスクの滝でキャンプ
沖縄最高の落差を誇る
ピナイサーラの滝へ行く
海・山・川が楽しめる仲良川
ゴムカヌーを持ってサンガラの滝へ
1mのオオジャコを発掘
青い蟹のジュータン
大型ヤシガニの発見その行方は
石垣島で水晶を探す
南海の蟹鍋ノコギリガザミ
黄金のサナギを持つ蝶
島の犬 自由犬
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルート@
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルートA
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルートB
西表島縦走2
ユツン三段の滝・古見岳ルート
石垣島歴史の道を行く1
桴海於茂登岳を歩く
石垣島歴史の道を行く2
安良越地を歩く
石垣島歴史の道を行く3
吉原竹山を歩く
サビキ仕掛けでミジュンが大漁
これだけは知っておこう山の危険生物
冬の食卓は海藻料理
ビックサイズの木の実を見つける
自然のままの洞窟で
ケイビングを楽しむ伊野田洞
八重山らしい季節の花々
石垣島夏の風物詩
デカイ生物 小さい生物
海に流れ着いた物で作ってみる
八重山漁港のセリを見に行く
宇宙を考える星空観察
なんの足あと?
外国から来た生き物たち
南の島のへんてこ植物
何でだろう?奇妙な石
カヌーで憧れの無人島へ行く
石垣島観光WEBサイト 石垣島海辺COM 石垣島の昆虫日記 虫好き親子の昆虫採集記録 海辺の漂本箱 八重山諸島の漂着物
Copyright (C) 2002 Ishigakijimaumibecom All rights reserved