石垣島の観光・ホテル・グルメ・土産・不動産・移住・遊び情報なら石垣島海辺COM

石垣島海辺COM
石垣島観光WEBサイト 石垣島海辺COM
西表島 青い蟹のジュータン ミナミコメツキガニを観察
数万びきのミナミコメツキガニの大群です。石垣島の川平湾や名蔵湾にいるミナミコメツキガニは人の気配を感じるとすぐに砂の中に潜ってしまうのでなかなか大群を撮影するのが難しいのですが、西表島の仲間川のカニ達は少しのんびりしているようです。それでも、足元まで行くと一斉に同じ方向に逃げ出しながら、砂に潜りはじめます。しかし、数が多すぎるので、逃げ切れず、潜り切れず、パニックになるようです。 見ているほうはおもしろいのですが、彼らは必死です。仲間川は日本最大級のマングローブと、これまた日本最大のサキシマスオウの木が見れることで有名で、西表島に来た観光客の多くが、仲間川遊覧ボートのツアーに参加します。しかし、遊覧ボートだと干潟には上陸出来ないので、近くでミナミコメツキガニを見ることができません。どうしても見たい人は、干潮時にカヌーをレンタルするのがおすすめです。カヌーだと遊覧ボートではいけない小さな支流を遡たり、干潟に上陸したり、いっそう自然にひたることができますよ。
スポンサー リンク
まるで青いジュータン わらわら進む
砂をこしてエサを食べる かわいい
みんないっしょに にげろー
あーパニック カヌーが便利
スポンサー リンク
関連サイト
どうぶつ奇想天外
ムービーで紹介
ミナミコメツキガニ
沖縄泡瀬干潟のミナミコメツキガニ
甲殻類の部屋
汽水的環境には、エビやカニも見られる。魚と同じように、生涯を汽水域で過ごす種もいれば、一時期だけを過ごす種もいる。
石垣島海辺COMの提供する情報・リンク先のサイトの情報の内容に関しては、主観的な評価および時間経過による情報変化、伝聞情報が含まれることから、その完全性・正確性・安全性を保障するものではありません。
パイナップル作戦でヒラタクワガタ
ライトトラップ作戦で虫を集める
夜の生き物観察ドライ
伝説の野底マーペーに登る
魔性の昆虫 
ヤエヤママルバネクワガタを探す
秋の味覚 モクズガニを食べる
子供と魚とり作戦
色々な化石を発掘する
浜辺でオウムガイを拾う
ラムサール条約のアンパルで
シオマネキを観察
沖縄県最高峰 於茂登岳に登る
秘境マヤグスクの滝でキャンプ
沖縄最高の落差を誇る
ピナイサーラの滝へ行く
海・山・川が楽しめる仲良川
ゴムカヌーを持ってサンガラの滝へ
1mのオオジャコを発掘
青い蟹のジュータン
大型ヤシガニの発見その行方は
石垣島で水晶を探す
南海の蟹鍋ノコギリガザミ
黄金のサナギを持つ蝶
島の犬 自由犬
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルート@
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルートA
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルートB
西表島縦走2
ユツン三段の滝・古見岳ルート
石垣島歴史の道を行く1
桴海於茂登岳を歩く
石垣島歴史の道を行く2
安良越地を歩く
石垣島歴史の道を行く3
吉原竹山を歩く
サビキ仕掛けでミジュンが大漁
これだけは知っておこう山の危険生物
冬の食卓は海藻料理
ビックサイズの木の実を見つける
自然のままの洞窟で
ケイビングを楽しむ伊野田洞
八重山らしい季節の花々
石垣島夏の風物詩
デカイ生物 小さい生物
海に流れ着いた物で作ってみる
八重山漁港のセリを見に行く
宇宙を考える星空観察
なんの足あと?
外国から来た生き物たち
南の島のへんてこ植物
何でだろう?奇妙な石
カヌーで憧れの無人島へ行く
石垣島観光WEBサイト 石垣島海辺COM 石垣島の昆虫日記 虫好き親子の昆虫採集記録 海辺の漂本箱 八重山諸島の漂着物
Copyright (C) 2002 Ishigakijimaumibecom All rights reserved