石垣島の観光・ホテル・グルメ・土産・不動産・移住・遊び情報なら石垣島海辺COM

石垣島海辺COM
石垣島観光WEBサイト 石垣島海辺COM
伝説の野底マーペーに登る
標高282m、地元では野底マーペーと呼んでいるとても変わった形の山です。登山口は2つあります。その1つ、野底集落の奥にある麓からの登山道。途中が急でロープが張ってあったりもしますが、1時間ぐらいで頂上に登ることが出来ます。石垣島の森を麓から楽しめる森林浴コースです。山岳会の方の案内板があるので、道は迷うことはありません。もう1つは、野底林道の途中から登るコース。ここからだと15分で山頂に着きます。3歳の子供でも1人で登ることができました。(下りは抱っこでしたが・・・)頂上付近はイタジイ中心の原生林が広がる美しい森です。山頂は断崖絶壁になっていて眺めは石垣島の山の中で最高です。晴れた日には、平久保半島が一望でき、その周りを取り囲む珊瑚礁がはっきり見渡せます。また、於茂登岳の方向を見ると石垣島はこんなにも山が多いのかと思うほど山だらけです。伝説というのは、マーペーという美しい娘がが、ふるさとの島にいる許婚カニムイを恋い慕って石になってから、野底岳のことをだれというとなく「野底マーペー」と呼ぶようになったそうです。
スポンサー リンク
野底マーペー 野底林道の登山口
野底マーペー山頂からの眺め きれい
あれな〜に? 山で食べるおにぎりはうまいね
山頂にある伝説の看板 麓からの登山口
スポンサー リンク
関連サイト
沖縄の昔話
沖縄にはたくさんの 昔話が残っています。その中から7つのお話を紹介します。
沖縄の民話と方言
当民話は、沖縄国際大学文学部 遠藤庄治教授のご厚意により掲載させて頂いております。
石垣島 シュノーケリング&トレッキング エコツアーBe-Wonder
石垣島の大自然を傷つけること無く五感を働かせながらとにかく楽しむ体験型のエコツアーです。
石垣島海辺COMの提供する情報・リンク先のサイトの情報の内容に関しては、主観的な評価および時間経過による情報変化、伝聞情報が含まれることから、その完全性・正確性・安全性を保障するものではありません。
パイナップル作戦でヒラタクワガタ
ライトトラップ作戦で虫を集める
夜の生き物観察ドライ
伝説の野底マーペーに登る
魔性の昆虫 
ヤエヤママルバネクワガタを探す
秋の味覚 モクズガニを食べる
子供と魚とり作戦
色々な化石を発掘する
浜辺でオウムガイを拾う
ラムサール条約のアンパルで
シオマネキを観察
沖縄県最高峰 於茂登岳に登る
秘境マヤグスクの滝でキャンプ
沖縄最高の落差を誇る
ピナイサーラの滝へ行く
海・山・川が楽しめる仲良川
ゴムカヌーを持ってサンガラの滝へ
1mのオオジャコを発掘
青い蟹のジュータン
大型ヤシガニの発見その行方は
石垣島で水晶を探す
南海の蟹鍋ノコギリガザミ
黄金のサナギを持つ蝶
島の犬 自由犬
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルート@
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルートA
西表島縦走1
船浮・網取・鹿川ルートB
西表島縦走2
ユツン三段の滝・古見岳ルート
石垣島歴史の道を行く1
桴海於茂登岳を歩く
石垣島歴史の道を行く2
安良越地を歩く
石垣島歴史の道を行く3
吉原竹山を歩く
サビキ仕掛けでミジュンが大漁
これだけは知っておこう山の危険生物
冬の食卓は海藻料理
ビックサイズの木の実を見つける
自然のままの洞窟で
ケイビングを楽しむ伊野田洞
八重山らしい季節の花々
石垣島夏の風物詩
デカイ生物 小さい生物
海に流れ着いた物で作ってみる
八重山漁港のセリを見に行く
宇宙を考える星空観察
なんの足あと?
外国から来た生き物たち
南の島のへんてこ植物
何でだろう?奇妙な石
カヌーで憧れの無人島へ行く
石垣島観光WEBサイト 石垣島海辺COM 石垣島の昆虫日記 虫好き親子の昆虫採集記録 海辺の漂本箱 八重山諸島の漂着物
Copyright (C) 2002 Ishigakijimaumibecom All rights reserved